「母子多く救われたが…」赤ちゃんポスト3年(読売新聞)

 親が養育できない子どもを匿名で託す慈恵病院(熊本市)の赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)が10日、運用から3年を迎えた。

 記者会見した同病院の蓮田太二理事長らは「妊娠期から養育までの国の母子支援が不十分」と述べ、生活困窮や不倫などで望まない妊娠をした母親を支える仕組みの早急な整備を求めた。

 蓮田理事長は「たくさんの母子が救われた」と設置の意義を強調。一方、望まない妊娠をした遠方在住者からも「破水した。(病院に行けないので)助けてほしい」などと緊急を要する相談が後を絶たず、「一民間病院では限界がある」と対応に苦慮している現状も訴えた。

 2007年5月の運用開始から昨年9月までにゆりかごに預けられた子どもは51人。熊本市は昨年度に預けられた人数などを今月下旬に公表する方針。

高齢者住宅の発展目指す事業者団体が発足(医療介護CBニュース)
<ハンカチ王子>斎藤まだ伸びる スカウト陣、投球術を評価(毎日新聞)
<東京都文京区>男性職員が初の育休取得 区長「うれしい」(毎日新聞)
<普天間>「5月超えても交渉」 枝野氏、首相の責任を否定(毎日新聞)
民主、地方議員も与党ボケ? 批判ほぼなし(産経新聞)
[PR]
by 0myxzwoh3p | 2010-05-13 15:52